少年メイド

あらすじ
家事全般を完璧にこなす小学生、小宮千尋は、ある日突然母を亡くし、天涯孤独の身となってしまう。身寄りのない千尋の前に現れたのは、叔父である鷹取円だった。そのまま円の豪邸に連れていかれた千尋だったが、鷹取家の事情を知り、円に世話になることに反発。部屋を飛び出し、屋敷の台所で悲しみに暮れるが、そこはゴミだらけという悲惨な状況であった。それに耐えられず、千尋は大掃除を開始。その姿を見ていた円は、あることを思いつく。台所の掃除を終えた千尋だったが、屋敷全体が悲惨な状況であることに気づく。そこに円が現れ、ある提案を千尋に持ちかける。それは、円が生活環境を提供する代わりに千尋が家事全般を一任するという提案だった。その提案を千尋は承諾し、鷹取家の一員となる…が、渡された制服はメイド調のフリフリの制服だった。これから鷹取家の「メイド」として働くことになった千尋は一体どうなるのか?(Wikipediaより)
著者
乙橘