ギルティクラウン

あらすじ
西暦2039年。突如発生したアポカリプスウイルスの蔓延によって発生した大事件「ロスト・クリスマス」から10年、無政府状態となった日本は未だGHQの統治下に置かれていた。
世間やクラスメイトに醒めた視線を向ける男子高校生・桜満集は、周囲と微妙な距離をとりながら平穏な日々を過ごしていた。そんなある日、集はお気に入りの場所で憧れの歌手・楪いのりに出会う。傷を負った彼女はレジスタンス組織「葬儀社」のメンバーという顔も持っていた。集はGHQと、GHQから「ヴォイドゲノム」を盗み出したいのり、葬儀社のリーダーである恙神涯らと関わる中で、ヴォイドゲノムに触れ〈王の能力〉を宿してしまう。(Wikipediaより引用)
著者
構成:宮城陽亮 作画:満月シオン